• バイナリーオプションのリアルな情報!
  • 最近とかく話題のバイナリーオプション!

バイナリーオプション 必勝法

<バイナリーオプションの必勝法は本当にあるのか?>

バイナリーオプションとは: 基本的な取引方法のハイ&ローだけではなく、さまざまなタイプのものが存在をしています。バイナリーオプションは、海外FXに比べるとよりシンプルな取引と言えるでしょう。

海外バイナリーオプションでも、基準価格から目標のレートに届き、それを維持することが出来るかというのを判定するという取引タイプのものが用意されています。このタイプの取引方法は、ハイ&ローに比べると当たる確立というのが低くなってしまいますが、勝利時の倍率が高めに設定をされているという特徴があります。

このタイプのバイナリーオプションで勝つためには、まずボラティリティと方向性というのをきちんと見極めなければならないのです。ボラティリティというのは、通貨の変動幅のことを言います。

このボラティリティが小さければ、遠い目標価格のオプションに届きにくいことになり、大きければ目標価格が遠くても届きやすいとされています。

このボラティリティが大きいときにチケットを購入すれば、勝率が高いのではないか、と思われるかもしれませんが、そんなに甘くはないのです。ボラティリティが大きく動いていれば、当然ですがチケットの倍率が下がってしまうのです。

ですので、ボラティリティが変動する直前という極めて難しいタイミングでチケットを購入するのが、ベストのタイミングなのです。

●ブレイクアウトエントリー手法を利用してバイナリーオプションで勝つ

ボラティリティが急変するタイミングというのは、サポートやレジスタンスを突き抜ける直前という特徴があります。このブレイクアウトエントリーという手法は、サポートやレジスタンスを抜けるタイミングで一気にボラティリティが大きくなることが多いのです。

ボラティリティが大きくなることで、遠くの目標にも届きやすくなりますので、勝率というのも上がってくれるのです。ただ、ブレイクアウトエントリー手法の勝率は50%ですので、2分の1の確率で外れてしまうということを理解しておく必要があります。この取引手法では、ペイアウト倍率が高いバイナリーオプションを購入して、

得た利益で勝率の低さというのを補うことになります。

●取引のデータを記録し、自分の売買傾向を把握する

バイナリーオプションの取引を記録する際に、以下の点に気をつけて頂きたいと思うのです。

・取引手法の明確化

・取引時間帯やシーンのパターン化

・チケット枚数の統一

投資を行う場合、自分が行った売買のデータというのを記録しておけば、どういった状況で勝ち負けをしているのかを把握することが出来ます。データを管理しやすくするために、「手法」「取引場面」「ロット数」を均一にしておくことをお勧めします。