• バイナリーオプションのリアルな情報!
  • 最近とかく話題のバイナリーオプション!

バイナリーオプションを行うリスク

<バイナリーオプションを行うリスクはあるの?>

ここでは、60秒取引が特に人気のバイナリーオプションを行う際のリスクについて考えていきたいと思います。

バイナリーオプションに今後挑戦をしようと思われている投資家の方たちは、事前にバイナリーオプションで起こりうるリスクについて知っておき、リスク管理が出来るようにしておくことで、うまく立ち回りが出来るようになる可能性が高くなります。

バイナリーオプションのリスクというのは、他の金融商品例えばFXに比べるととても限定的になっています。リスクについてしっかりした知識を持っている事はとても大切です。(解説)
FXの取引で1米ドル80円時に1万通貨分を購入し、円安になるタイミングを待って保持し続けていたとします。

しかし、円高が進んでしまい1米ドル76円になってしまったら、FXの含み損は4万円になってしまいます。
こうなると円安に転換するまで含み損を抱えたまま保有し続けたいと考えることが多いですが、円安になるかどうかというのを正確に予測することは出来ません。

また場合によっては証拠金がぎりぎりになってしまい、自動ロスカットになってしまうこともあるでしょう。

証拠金が十分似ない場合は、為替変動を注意深くチェックしていても急激な相場変動に耐えることができません。

これが、FX取引の恐ろしいことだと言われています。その点、バイナリーオプションの取引で考えられるリスクというのは、取引を始めたときから幅が限定をされているのです。まだバイナリーオプションに慣れていない方は、24Optionから始められてはどうでしょうか。このブローカーはワイバイナリーへ継承されていますが比較的シンプルで、初心者に優しい環境を整えています。

上記の例で考えますと、1米ドル80円で円安を予測していたにも関わらず、円高になってしまった場合、資金は全て失うことになってしまいますが、損失というのは資金のみになり、それ以上に損益が出るということはないのです。

したがって、1万円の資金をバイナリーオプションの取引でかけていたならば、1万円の損失が出たということになります。FXでは資金以上の損益を出すことがあり、含み損拡大で不安な日々を過ごさなければならない可能性もあるということです。

ですが、バイナリーオプションの場合は、最悪の損益が最初から分かっていますので、リスク管理というものがきちんと出来るようになっているので、投資初心者には比較的やりやすいものであると言われています。

リスク管理がしっかりと出来ますので、月に自分が投資に回せる資金を決めて、バイナリーオプションの取引に挑戦をしてみるというのもいいでしょう。毎月一定金額の投資を行い、勝率が6割以上であれば勝ち越しと言えますので、長期的なプランというのも立ててみてもいいかもしれません。